中性脂肪を減らすには

EPAの特徴

サプリメント

中性脂肪の濃度が濃くなると、血液がドロドロの状態になり、高血圧症や血栓の原因になる。そのまま放置しておくと、将来的には心臓病や脳溢血などで寿命を縮めることにもなりかねない。EPAは中性脂肪を減少させて、ドロドロの血液をサラサラにする働きがある。EPAはオメガ3脂肪酸の一種で、イワシやマグロなどの青魚に豊富に含まれている。記憶力を高める効果も期待でき、認知症の予防や学力の向上にも役立つ。持田製薬EPAは、DHAとEPAを主成分とするサプリメントである。製薬会社が製造しているサプリメントであるので、優れた効果が期待でき、安全性も非常に高いことが特徴である。持田製薬EPAの摂取を続けて、体内の中性脂肪を減少させることによって、心臓病や脳溢血、認知症の予防などに貢献する。

EPAのサプリの今後

中性脂肪を減らして血液をサラサラにするには、オメガ3脂肪酸のEPAやDHAの成分が不可欠である。青坂にはEPAやDHAが豊富に含まれており、青魚を食べると健康に良いことは広く知られている。しかし日本人の食生活の欧米化によって、青魚を摂取する人は減少しており、十分にEPAやDHAを補給することができないのが現状である。不足するDHAやEPAを補うために、持田製薬EPAなどのサプリメントを摂取する人は増加している。持田製薬EPAのサプリメントの1日分を摂取すると、EPAを300mg補給することができ、DHAも145mg補給することができる。今後も持田製薬EPAを摂取する人は、ますます増えると予想される。