糖質の摂取と治療

脂肪肝の悪化を防ぐには、適切な対策法を取ることが大切です。自分の命を守るためにも知ることが重要となります。

糖質の摂取

サプリメント

脂肪肝の原因のひとつに糖質の摂取があります。特に黒糖の摂りすぎで脂肪肝をはじめとする生活習慣病になる人の数が年々増加しています。しかも、その年代は非常に幅広いです。30代から70代までの人にその傾向が多く見られます。黒糖は中性脂肪を増加させるだけでなくメタボリック・シンドロームにもなる要因になります。さらに、肝臓で余った黒糖が脂肪として蓄積されて脂肪肝になるだけではありません。糖尿病や高血圧につながります。ひどい場合には肝臓がんにもなる恐れがあります。それから、糖質の過剰摂取だけでなくダイエットも脂肪肝の要因になることがあります。無理なダイエットは栄養バランスを崩してしまいます。そのために、肝臓に大きな負担をかけてしまい肝臓に脂肪がたまりやすくなり、脂肪肝になるのです。

脂肪肝の治療方法の代表例は、ダイエットです。ただし、無理なダイエットは逆に脂肪肝を助長させてしまうので、禁物です。低カロリーで脂肪分や糖分の少ない食事を摂取することで、脂肪を解消するのです。もちろん、アルコール飲料の飲みすぎないようにもします。また、タウリンを含む食品などを食べるようにするのも効果的です。肝臓の機能低下を防止して、中性脂肪も排出してくれます。しかも、ダイエットにも効果があります。悪玉コレステロールの量を減らして新陳代謝の活性化を促すことで脂肪の燃焼が期待できるのです。こうした食生活の変更と合わせて適度な運動をすると、さらに効果は大きいものになります。タウリンは身体の中では生成できません。食事やサプリメントを通して摂取しましょう。

大手メーカーの製品

男女

グルコサミンをサプリメントとして活用している方は少なくありません。さまざまな製品が販売されていますが、製薬会社である小林製薬のグルコサミンを活用されている方も多くいます。情報提供がしっかりとされているので、納得した上で摂取しましょう。そうすることで続けて飲み続けることができるのです。

中性脂肪を減らすには

サプリメント

持田製薬EPAには、オメガ3脂肪酸のDHAとEPAが豊富に配合されている。持田製薬EPAのサプリメントを摂取すると、血液がサラサラになって、高血圧や血栓の予防に貢献する。手軽にオメガ3脂肪酸を補えるので、持田製薬EPAを摂取する人はますます増えると予想される。

疲れをとるには

女性

疲労回復をするために必要となるもののなかで、最近ではサプリメントの人気が高まりを見せています。しかし、用法容量をしっかりと守って服用をすることや、普段の食生活や生活習慣を整えることも必要となるので注意をしましょう。